XMの国内銀行送金による出金方法を解説 「出金するまでの6ステップ」

XMでは、5種類の出金方法を利用することができます。

XMにおける5つの出金方法

・国内銀行送金

・クレジットカード/デビットカード(VISA)

・bitwallet(ビットウォレット)

・STICPAY(スティックペイ)

・BXONE(ビーエックスワン)

 

5種類もの出金方法を取り扱っているため、XMは海外FX業界の中でも比較的豊富な出金方法を取り扱っていると言えるでしょう。

 

今記事では、XMにおける出金方法の中でも特に人気な「国内銀行送金による出金」の手順についてご紹介していきます。

 

「国内銀行送金で出金したい」という方は是非最後までご覧ください。

 

また、XMには少々複雑な「出金ルール」が存在します。

 

出金ルールを守らなければXMから資金を出金できないため、出金ルールについても一緒に見ていきましょう。

 

 

XMの国内銀行送金での出金方法を解説!出金までの6ステップ

 

それでは早速、XMにおける国内銀行送金での出金方法の手順について解説していきます。

 

国内銀行送金の出金は以下のような手順で行っていきます。

 

国内銀行送金で出金するまでの6ステップ

XMの会員ページにログインする

②「資金の出金」を選択する

③「銀行送金(Local Bank Transfer)」を選択する

④受取人情報を入力する

⑤受取人銀行情報を入力する

⑥出金額を入力する

 

出金方法の手順①XMの会員ページにログインする

 

まずはXMの会員ページにログインしましょう。


 

ログイン画面でMT4またはMT5の「ID」「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックしてXMの会員ページにログインしてください。

 

出金方法の手順②「資金の出金」を選択する

 

 

XMの会員ページにログインしたら、「資金の出金」をクリックしてください。

 

出金方法の手順③「銀行送金(Local Bank Transfer)」を選択する

 

 

出金方法一覧ページが表示されるので、「Local Bank Transfer」の下にある「出金」をクリックします。

 

※Local Bank Transfer=国内銀行送金のこと
 

出金方法の手順④受取人情報を入力する

 

 

次に「資金の出金 – Local Bank Transferページ」が表示されます。

 

受取人情報として「受取人のお名前(フルネーム)」「受取人の住所」「受取人の銀行口座番号」を入力しましょう。

 

※受取人名と受取人住所はアルファベットで入力してください。

 

出金方法の手順⑤受取人銀行情報を入力する


 

受取人情報を入力し終わったら、次に「受取人銀行情報」の入力を行います。

 

受取人銀行情報として、「銀行名」「SWIFTコード」「銀行所在地」「支店コード」「支店名」をアルファベットで入力してください。

 

※アルファベット表記の銀行所在地・支店コード・支店名、またはSWIFTコードは、それぞれの銀行の公式サイトで確認できます。

 

出金方法の手順⑥出金額を入力する


 

出金額を入力したら利用規約を確認し、「リクエスト」をクリックしてください。


 

「成功」の画面が表示されれば、国内銀行送金による出金手続きは完了です。

 

出金手続き完了後、1営業日以内にXMで出金処理が行われます。

 

そして、XMでの出金処理が完了すると出金処理完了の案内が届き、1~5銀行営業日ほどで銀行国座に資金が着金されるでしょう。

 

XMにおける8つの出金ルール

 

XMにおける出金ルールは以下の通りです。

 

XMにおける8つの出金ルール

①国内銀行送金による40万円以下の出金には2,500円の手数料がかかる

②国内銀行送金の最低出金額は10,000JPY

③出金方法は入金したときと同じ方法で行う

④利益分の出金を行えるのは国内銀行送金のみ

⑤複数の入金方法を利用した際は出金優先順位がある

⑥送金先に指定できない銀行がある

⑦出金するには150%以上の証拠金維持率が必要

⑧XMのボーナスは出金できない

 

これら8つのルールについて、それぞれ解説していきます。

 

国内銀行送金による40万円以下の出金には2,500円の手数料がかかる

 

国内銀行送金による出金額が40万円以下の場合、一律2,500円の出金手数料が発生します。

 

しかし、国内銀行送金による出金を行う場合、40万円以上の出金なら出金手数料は無料となっています。

 

※XMからの送金元銀行でかかる出金手数料が無料となっていますが、銀行口座での受け取りに手数料が発生するということです。

 

また、この出金手数料はXMとユーザーの仲介役となる決済会社に支払われます。

 

国内銀行送金の最低出金額は10,000JPY

 

国内銀行送金を行う場合の最低出金額は10,000円です。

 

そのため、10,000JPY以下の金額を入力している場合、XMから資金を出金することはできません。

 

その場合は10,000円以上の金額を入力し、出金手続きを行ってください。

 

出金方法は入金したときと同じ方法で行う

 

XMでは出金をする際には、入金方法と同じ方法で出金する必要があります。

 

入金方法と違う方法で出金しようとしても、XMから出金拒否を受けてしまう要因になってしまいます。

 

そのため、XMで入金方法を選ぶ際は出金方法についても考えてから選ぶようにしましょう。

 

利益分の出金を行えるのは国内銀行送金のみ

 

XMで稼いだ利益は、国内銀行送金でしか出金することができません。

 

XMにおける出金方法が国内銀行送金である理由は、この「利益分の出金を行えるのは国内銀行送金のみ」ということでもあります。

 

すなわち、他の出金方法では入金額分だけの出金のみで、利益分の出金はできないということです。

 

そのため、これからXMを利用するという方は国内銀行送金を選ぶと良いでしょう。

 

複数の入金方法を利用した際は出金優先順位がある

 

XMでは入金方法と同じ方法で出金する必要がありますが、複数の入金方法を利用した際は出金優先順位から出金方法を選ぶ必要があります。

 

出金優先順位は、①クレジットカード②オンウインウォレット③銀行送金の順です。

 

この出金優先順位の通りに出金申請を行っていない場合、銀行送金による出金申請を行っても、銀行送金と異なる出金処理が行われます。

 

そして、出金処理後に出金処理に関する内訳が記載されたメールが届きます。

 

送金先に指定できない銀行がある

 

XMからの出金に対応していない銀行を出金先銀行に指定することはできません。

 

XMからの出金先銀行に指定できるのは「SWIFT(スウィフト)コード」のある銀行のみです。

 

※SWIFTコード:8桁か11桁のアルファベットと数字のコード

 

したがって、SWIFTコードがない銀行をXMの出金先銀行として指定することは不可となります。

 

出金するには150%以上の証拠金維持率が必要

 

XMでポジション保有中に出金するためには、150%以上の証拠金維持率が必要です。

 

※出金前に証拠金維持率が150%以上であったとしても、出金後に150%を下回ってしまう場合は出金を行うことができません。

 

そのため、証拠金維持率が150%を下回ってしまう場合、保有中のポジションを決済するか、証拠金維持率が150以上になるように追加入金を行う必要があります。

 

XMのボーナスは出金できない

 

XMでは「新規口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「XMP(マイ・ロイヤル・ステータス)」といった3種類のボーナスが実施されています。

 

これらのボーナスは証拠金として利用することで、より効率的に利益率を高めることが可能です。

 

しかし、「ボーナス自体の出金はできない」ということには注意です。

 

XMから出金できるのは、残高にある資金のみとなります。

 

XMは出金ルールがしっかりしている海外FX業者

 

XMの国内銀行送金による出金方法には難しい操作がなく、簡単に行えるということがお分かりいただけたと思います。

 

とはいえ、「XMの出金にはルールが多すぎる!」「正直、出金ルールを覚えるのが面倒…」というように思われたのではないでしょうか?

 

XMの出金が面倒になってしまうのは、全てマネーロンダリング(資金洗浄)といった金融犯罪を防ぐためです。

 

マネーロンダリングの防止は金融機関に対する世界的な規制となっています。

 

すなわち、マネーロンダリング防止に努めている業者ほどしっかりとしたFX業者だと言えるのです。

 

そのため、XMの出金ルールが少し面倒に感じても、それは仕方のないことだと割り切りましょう。

 

海外口座の日本人利用者数 No.1 レバレッジ最大888倍!

XM trading 公式ページはこちら

>日本でも人気の海外FX業者おすすめランキング!「FX海外口座比較」

日本でも人気の海外FX業者おすすめランキング!「FX海外口座比較」

CTR IMG